只今アラフォー不妊治療中。

2回目の移植周期

さて、生理も終了し、只今移植準備中。

エストラーナテープを貼り、
膣錠をいれ、
ルトラールという飲み薬を飲み、

今回、黄体ホルモン補填という点では、抜かりないのではないでしょうか^o^


前回の移植は、エストラーナテープとプロゲステロンという膣座薬のみでしたので、飲み薬というアイテムが1個増えたわけであります。増えた理由などは(気にはなるけど)聞いていません。

前回流産に終わったので、より万全に、ということでしょうかねぇ、、、?



そして、それよりもなによりも!

膣座薬から膣錠にかわったことで、なんとも快適な毎日です!

以前使っていたプロゲステロン座薬はほんと、いつも通りの日常生活を送るには不便でした。。。

挿入後しばらくジッとしておかなきゃいけないし、そうしてもあとから油分は漏れ出てくる。。。立ち仕事の人とか、ほんと困りますよね。
膣錠は、専用のアプリケーターを使って挿入します。
それはそれでちょっとびびってた私なのですが、指で入れるより断然楽!!!!!
また、錠剤なので、油分が流れ出てくることもありません!!!

これはほんと快適です。




今日は、SEET療法をし、明後日移植。
判定日は移植から約10日後です。


緊張しますが、もうなるようにしかならないですよね。




今回移植するのは、4BBの凍結胚盤胞。

あと、4CBと3BCのふたつの胚盤胞、去年凍結したG2の初期胚があります。

個数といい、グレードといい、ちょっと頼りないストックではありますが、、、院長先生のご経験から、4つ胚がかれば、ひとつは出産に至る可能性が高い、という判断なので、ネット情報より自分が受けてる治療を信用しようと思います!



[PR]



by bjno3 | 2016-09-06 10:07

35歳で卵巣機能の低下を指摘され、その後AIHを12回経験、結果全て陰性。38歳から体外受精にチャレンジしています。
by bjno3
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

検索

ブログジャンル