只今アラフォー不妊治療中。

ひっかかった項目

私が受けた不育症の診断は、

抗リン脂質抗体症候群
高プロラクチン血症
甲状腺機能の異常

の3つでした、、、

問題ある人は色々あるのでしょうか、、、3つもです!


ありがたいことに?甲状腺機能のほうは、不育症に直接関係あるタイプのものではないらしく(でも、今後一生お付き合いが必要となるようです。。。)、今のところは定期検診を受け続けて下さい、という指示のみでした。

抗リン脂質抗体症候群にはヘパリン注射で、高プロラクチン血症には週1回の飲み薬で対応していくようです。

もし、妊娠できたら出産まで注射が続くことに身震いしましたが、糖尿病の方にとっては注射は一生ですよね、、、それを考えると弱音吐いてなんかいられない!!

それに、対処法がある、というのは本当に本当にありがたいこと。

看護師さんに「こんなに薬いっぱい使って体おかしくなりそうです!」って泣きついてしまったけど(もちろん本当に泣いてるわけではないですよ!)、治療法があるということにまずは感謝ですよね。

ちなみに看護師さんからは、「こんなの基準の量!注射が増えたくらいよ!もっとたくさん飲んでる人もいるんだから!」と励まされました。


私は、本当に今通っているクリニックが好きで、いっぱい励まされ、いっぱい労ってもらってます。

不妊治療は、できればせずに済ませたかったですが、このクリニックで受けた優しさはかけがえのない思い出です。

もし、今後何かの病気で闘病することになっても、、、いい病院・いい先生・いいスタッフの方に巡り会えたら、、、病気はつらいけど、それはそれでいいのかもなあ



とにかく!

ヘパリン注射が効くなら打ってやろうじゃないの!

と、いう意気込みで、次の移植にのぞみます!

[PR]



by bjno3 | 2017-05-11 23:57

35歳で卵巣機能の低下を指摘され、その後AIHを12回経験、結果全て陰性。38歳から体外受精にチャレンジしています。
by bjno3
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

検索

ブログジャンル