只今アラフォー不妊治療中。

最後の採卵!14回目の採卵の記録

さて!

14回目の採卵。いよいよ最後です。


もう、この時の私は、すっかりあきらめモードで、感情的になったりプレッシャーを感じることもありませんでした。


こんな、あまりにも無感情、そしてあまりにも無欲な状態で、最後の採卵を迎えるとは思ってもみませんでしたが、結果からいうと、半年ぶりくらいに胚盤胞を凍結することができました。

グレードは、、、い、1なんですけどね!!


今回の採卵はトラブル続きで、まず採卵日前夜、新幹線が人身事故のため終日運行ストップ。運転再開の見込みはなく、赴任先にいる夫がクリニックのある関西に戻れない状態になりました。


肝心の夫が来れないのであれば、これはもう仕方ない。

凍結してある受精卵ふたつにかけよ、と神様が言ってるんだろうな、と採卵をキャンセルすることに決めました。


が、有難いことに、夫はほぼ徹夜で車で6時間かけてかけつけてくれ、無事14回目の採卵にこぎつけることができました。


夫は、ほとんど寝てない状態で、もちろんまた6時間かけてトンボ帰りなわけで、、、そんな思いをしてかけつけてくれた夫のためにも、

卵よ、とれて!!そして、どうか成長して!!と、はじめて神様に本気で祈りました。


そして、無事卵子ひとつ採卵できたのですが、今度は培養中に大阪北部地震。私の通うクリニックはその震源地にあり、最大の震度6。


医療機関なので災害には万全に備えているだろうとは思いますが、交通機関はすべてストップしたので、クリニックでの人手や薬剤の運搬にも影響があったと思います。

もちろん停電や断水もありましたし、自家発電などの備えがあってもそれが無事機能するとも限りません。(実際、その後クリニックにて、災害での受精卵の損失に責任を負えません、という旨の書類を渡されました)


また、今回の地震で受精卵の培養や凍結に支障はなかったようなのですが、でも当日採卵だった人は、電車に閉じ込められ、クリニックに行きつくことはできなかったと思います。私も採卵日が2日ずれていたら、、、そうなっていたはずです。


そんなこんなで、トラブル続きの採卵だったので、G1の胚盤胞ではありますが、無事凍結できて本当にうれしかったです。

また、仕事が終わってから深夜の長距離運転でかけつけてくれた夫の頑張りやおもいやりにも、本当に感謝です。



変な言い方ですが、14回目、最後の採卵は思い出に残る採卵となりました。



[PR]



by bjno3 | 2018-09-05 18:29

35歳で卵巣機能の低下を指摘され、その後AIHを12回経験、結果全て陰性。38歳から体外受精にチャレンジしています。
by bjno3
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

検索

ブログジャンル